本文へスキップ

愛知県稲沢市の祖父江 善光寺東海別院 | 尾張の神社仏閣情報ガイド おわじん

愛知県の尾張地方・稲沢市にある祖父江 善光寺東別院に実際におまいりして詳しい情報をまとめています。

祖父江 善光寺東海別院

愛知県稲沢市の祖父江 善光寺東別院

善光寺東海別院

所在地…愛知県稲沢市祖父江町祖父江南川原57-2
電話…0587-97-0043
最寄駅…名鉄尾西線「森上」駅(タクシー5分)
本尊…善光寺如来
行事…七福神縁日(毎月7日)
参拝料…無料
お戒壇めぐり…大人300円、小人150円


善光寺東別院(ぜんこうじとうかいべついん)は、愛知県の尾張地方・稲沢市祖父江町にある寺院です。”極楽をこの世で拝める善光寺”として知られ、極楽かいだんめぐり(戒壇めぐり)にたくさんの人が訪れます。

このページは、善光寺東海別院の歴史、本堂と境内、極楽かいだんめぐり、アクセスについて紹介するページです。

このページの目次

  1. 善光寺東海別院の歴史
  2. 善光寺東海別院の本堂と境内
  3. 極楽かいだんめぐり(戒壇めぐり)
  4. 善光寺東海別院のご利益とお守り
  5. 善光寺東海別院の御朱印
  6. 善光寺東海別院の行事
  7. 善光寺東海別院へのアクセス

善光寺東海別院の歴史は?

開基旭住上人が、信州善光寺本坊大勧進より善光寺如来さまを勧請して建立。

愛知県稲沢市祖父江町の善光寺東別院

善光寺東海別院は、長野県にある信州善光寺の別院です。開基旭住上人(かいききょくじゅうしょうにん)が信州善光寺本坊大勧進より善光寺如来さまを勧請(かんじょう=神仏の分霊を請じ迎えること)して、創立しました。

言い伝えによると、天正十年(1582年)、織田信長・信雄によって、善光寺ご本尊如来さまが岐阜より尾張甚目寺に ご遷座の途中、祖父江付近に立ち寄られたとか。その場所に明示42年・43年と蓮田であった境内の池に、1本の茎から二つの蓮の花が咲く(双蓮)ということがあったそうです。

そのため、善光寺東海別院は、山号を双蓮山(そうれんざん)というとのこと。

本尊である善光寺如来さまは、現当二世(この世もあの世も)お守りくださるありがたい仏様です。

善光寺東海別院の本堂と境内は?

大きさは信州善光寺の2/3ほど。善光寺特有の撞木(しゅもく)造り、総欅造りの大伽藍。

善光寺東海別院の本堂と境内

善光寺東海別院は、信州善光寺の2/3の大きささがあります。善光寺特有の撞木(しゅもく)造りで間口8間奥行12間の総欅造りの大伽藍(=寺の大きな建物)です。撞木造りとは、T字型の棟の形が鐘を叩く撞木(しゅもく)に似ていることから名付けられた木造建築の様式のこと。

善光寺東海別院本堂 入り口

善光寺東海別院本堂の入り口の扉。

善光寺東海別院本堂

本堂中央。本尊 善光寺如来さまはこの本堂の奥です。有名な極楽かいだんめぐりは、このご本尊さまの下の回廊で行います(後ほど詳しく紹介します)。

善光寺東海別院本堂

ご本尊 善光寺如来さまのお姿。

おもかるさま

本堂の端に安置されている、おもかるさま。持ち上げて、「おもかるさん、おもかるさん、どうぞ願いをかなえてください」と唱えるそうです。

おびんずるさま

その隣にある、おびんずるさま。十六羅漢の一人で、「なでぼとけ」と言われる仏さまです。昔から、おびんずるさまをなでると病気が治り、また病気にかからないご利益があると言われています。

善光寺東海別院の鐘

外に出てみましょう。上は境内にある善光寺東海別院の鐘。このときはフェンスで囲まれていました。

7年に一度行われる御開帳(平成33年春)の記念事業として、鐘楼の建立を行うそうです。鐘楼堂建立の暁には、この鐘はどちらに移されるのでしょう。

善光寺東海別院の仏像

境内の涅槃像。台座には、”蓮寺”の別名を持つ善光寺東海別院らしく、蓮の花が描かれていました。

善光寺東海別院の境内と無料休憩所

境内の隅には無料休憩所があります。中ではお抹茶やおだんごなどの甘味を注文できますが、何も頼まずに休憩に利用するのもOKです。自動販売機もありました。

無料休憩所の横に、大聖不動明王が祀られています。

極楽かいだんめぐり(戒壇めぐり)

”極楽をこの世で拝める善光寺” ご本尊さまの下の回廊をめぐりましょう。

極楽かいだんめぐり(戒壇めぐり)

善光寺の御本尊様の下の回廊を、お念仏を唱えながらめぐり、善光寺如来さまとご縁を結び、善根(ぜんごん=善い報いを生み出す原因としての善い行い)を得ることを、かいだんめぐり(戒壇めぐり)と言います。

如来さまをご安置してある真下が極楽往生結縁(ごくらくおうじょうけちえん)の錠前のあるところで、これは善光寺東海別院が日本一を誇るものだとか。かいだんめぐり(戒壇めぐり)の際にはこの黄金の錠前にさわってお参りする、とされています。

極楽かいだんめぐり(戒壇めぐり)

善光寺東海別院は参拝料無料ですが、極楽かいだんめぐりは大人300円、小学生150円が必要です。受付窓口で納めると、リーフレットと手首にはめるバンドをもらえます。このバンドのプレートは蛍光性で真っ暗なかいだんめぐりの際に便利です。返却は不要で、そのままいただけます。

極楽かいだんめぐり(戒壇めぐり)の案内ビデオ

受付を済ませると、奥にあるテレビで極楽かいだんめぐりの作法を視聴します。ごく短い動画(2~3分)が繰り返し再生で流しっぱなしになっていました。

善光寺東海別院の極楽かいだんめぐりの入り口

テレビが置かれている場所の奥に、極楽かいだんめぐり入り口があります。この入り口の左手奥に本尊 善光寺如来さまが安置されており、下の回廊でその真下をまわることができるというわけです。

善光寺東海別院の極楽かいだんめぐり

かいだんは急で、しかも下がまっくらなので、しっかりと手すりをつかんで下りましょう。

善光寺東海別院の戒壇めぐり

回廊は真っ暗ですが、手すりをもって右へ右へと進んでいくので、迷うことも怖いこともありません。思ったよりも回廊は短めでしたが、中央にある極楽往生結縁の錠前をしっかり触ることができました。

錠前の奥には、中央に阿弥陀如来、観世音菩薩、勢至菩薩、十六観菩薩が安置され、宝樹、宮殿楼閣、五色の蓮華が咲き乱れる宝池など、極楽浄土のありさまを立体的に拝めます。

この極楽戒壇めぐりは、平成30年3月に全面的に改修され、とても美しくなりました。善光寺東海別院へおまいりをしたら、ぜひ極楽戒壇めぐりを体験してみてください。

善光寺東海別院のご利益とお守りは?

きよめ砂、ぼけ封じ無病守、身代わりさん、財運守、癒しの鈴守りなど(500円~)

善光寺東海別院のご利益とお守り

善光寺東海別院に入って右側の受付では、きよめ砂、ぼけ封じ無病守、身代わりさん、財運守、癒しの鈴守などをいただくことができます。初穂料は500円~(ほとんどが500円でした)。

財運守もあるのですが、全体的に身体にまつわるものや厄除け守りが多い印象です。

善光寺東海別院のおみくじ

善光寺東海別院の本堂の外側におみくじ(100円)と、文字が出る線香(1本100円)がありました。

また、善光寺東海別院では、安産祈願、初まいり、七五三、厄除け、方位除け、自動車交通安全などの各種祈願を受け付けています。

善光寺東海別院の御朱印は?

七福神の御朱印がいただけます。初穂料300円。

善光寺東海別院の御朱印

善光寺東海別院は「尾張七福神めぐり」のスタートとなる寺院としても知られており、七福神の御朱印がいただけます。初穂料300円。福禄寿さまや恵比寿様の福々しいお姿が印象的です。

参考までに、尾張七福神とは、善光寺(福禄寿)→根福寺(恵比須)→正塔院(毘沙門天)→苅萱堂(寿老人)→刈萱寺(弁財天)→永張寺(布袋尊)→地泉院(大黒天)。

なお、毎月7日には「尾張七福神めぐり」のバスツアーも催行されています。

善光寺東海別院の御朱印帳

オリジナルの御朱印帳2種類と、七福神御朱印帳(1回参り用900円)がありました。

善光寺東別院の行事は?

月縁日は、毎月7日の「七福神縁日」、毎月8日の「善光寺縁日」。7年に一会、善光寺同時御開帳が開催されます。

善光寺東海別院の主な年間行事は、初詣(1月1日~31日)、正月初不動尊(1月28日)、節分会(2月3日)、春季永代経(春彼岸)、五月不動尊(5月28日)、盆万灯供養(8月13日~15日)、九月不動尊(9月28日)、秋季永代経(秋彼岸)、水子総供養(11月3日)、納不動尊(12月23日)、除夜の鐘(12月31日)。

また、月縁日として、毎月7日に七福神縁日、毎月8日に善光寺縁日、毎月18日に水子供養縁日、毎月28日に不動尊縁日があります。

そのほか、七年に一会、善光寺東海別院、信州善光寺、元善光寺、甲斐善光寺、岐阜善光寺などが同時に御開帳を開催します(善光寺同時御開帳)。

善光寺東別院へのアクセスは?

最寄り駅は名鉄尾西線「森上」駅で、駅からはタクシーで5分ほど。車でのアクセスがおすすめ

祖父江町の善光寺東別院へのアクセスと駐車場

善光寺東別院へのアクセスは、公共交通機関の場合、名鉄尾西線「森上宮」駅で下車し、タクシー約5分、または徒歩約25分。東海道新幹線「岐阜羽島」駅からは、タクシーで約15分です。

車の場合は、名神高速「羽島IC」より南東へ約15分、東名阪自動車道「東名阪弥富IC」より北へ約25分、東海北陸自動車道「一宮西IC」より南西へ約20分が目安。

善光寺東別院には自家用車と大型バスが停められる広い専用駐車場があります。駐車料金は無料です。

周辺の神社仏閣としては、お千代保稲荷(岐阜県海津市/車で15分)、矢合観音(稲沢市/車で15分)、国府宮神社(稲沢市/車で20分)があります。また、かんぽの宿岐阜羽島が車で5分と近いです。


稲沢市の神社仏閣一覧に戻る