本文へスキップ

御朱印とは? 御朱印のもらいとマナー | 尾張の神社仏閣情報ガイド おわじん

御朱印ってどうやってもらえばいいの?どこでもらえるの? 代金は? 初めての方向けに御朱印のもらい方とマナーを紹介します。


御朱印とは? 御朱印のもらい方

近年、注目を集めている「御朱印(ごしゅいん)」。おしゃれで個性的なデザインの御朱印帳も増え、御朱印集めをしている若い女性(御朱印ガール)も増えてきているそうです。

初めて御朱印をもらうときは、「どこでもらえるの? どうやってもらえばいいの? お金はかかるの? 御朱印をもらうときのルールやマナーってあるのかな?」など、疑問に思うかもしれません。

このページでは、御朱印のもらい方、御朱印帳、御朱印をもらうときのマナーについて、わかりやすく紹介しています。

御朱印とは?

御朱印とは、神社や寺院などに参拝した際にいただける書と印(印章・印影)のこと。御朱印には、その神社や寺院の社名・ご本尊の名前・参拝した日付を墨書きしてくれるところが多いです。

御朱印の起源は、神社や寺院に写経を納めた際の受付印であったと言われています。御朱印のとらえ方は人ぞれぞれですが、基本的には、神社や寺院に参拝した証としてもらうもの。

御朱印にはそれぞれに個性があり、神主や僧侶が一筆ずつ墨書きし、押印してくれるものなので、お札やお守りと同じく、ありがたいものです。御朱印をもらうことを「拝受」ともいいます。

なお、大きな神社や寺院の場合は、複数の御朱印があるところや、神事行事に合わせた特別な御朱印があることも。その場合は、自分がほしい御朱印を口頭で伝えるようにしましょう。

一度に複数の御朱印をもらっても問題はありません。

御朱印帳とは?

御朱印帳

御朱印帳は、御朱印をもらうのに必要な帳面です。ノートや紙切れに御朱印をもらうのはマナー違反とされるので、かならず御朱印帳を用意するようにしましょう。

御朱印帳はAmazonや楽天市場などのネットショップで購入することも可能ですが、大きな神社や寺院であれば、社務所や授与所でオリジナルの御朱印帳を購入できるところもあります。

御朱印をいただきたい神社や寺院で御朱印帳をいただけば、その神社や寺院とのご縁がつながる気がしますし、参拝の良い思い出になることでしょう。

なお、御朱印帳には、蛇腹(アコーディオンタイプ)と和綴じ(通常の本のような綴じ方をしたもの)があり、昨今は蛇腹のものが主流のようです。神社と寺院で御朱印帳を分ける方もいますが、ほとんどの寺院や神社では御朱印が混在していても問題ないので、ご自身の好みでよいでしょう。

【 メール便 送料無料 】 御朱印帳 カバー 付 蛇腹式 アコーディオン 40ページ 華紋唐草

御朱印のもらい方

御朱印のもらい方

まずは神社や寺院に参拝をし、その後に御朱印をいただきます。参拝せずに、スタンプラリーのように御朱印だけを集めてまわるのは、御朱印の本来の意味からすると、本末転倒と言わざるを得ません。

(※神社や寺院によっては、混雑する時期はおまいりの前に御朱印帳を預け、おまいりのあとに受け取れるようになっているところもあります。)

御朱印は、神社や寺院の社務所や授与所(おまもりやお札のある場所)でいただけることが多いです。大きな神社や寺院の場合は、「御朱印授与所」の案内が出ているところもあります。

神職さんや巫女さんがいれば、「御朱印をいただきたいのですが」と声をかけましょう。

小さな神社や寺院の場合は、境内に人がいないこともあります。社務所が住居になっていたり、住職のご自宅が隣接する場合は、まわってインターフォンを鳴らしてお願いするかたちになります。早朝・昼食時・夕方以降を避け、常識的な時間にお願いするのが礼儀です。

御朱印は、その場で書いてくださるところ、御朱印帳を別室に運んで書いてくださるところがありますが、いずれにせよ、指示に従って待ちましょう。

なお、書き手不在などで、あらかじめ紙に書いた御朱印が用意されているところもあります。その場合は、いただいたあとに自分で御朱印帳に貼り付けます。貼り付けずそのまま保管しても構いません。

御朱印をいただいたら、初穂料(御朱印のお代)を払います。初穂料は300円というところが多いです(金額は神社や寺院によって異なります)。「お気持ちで」と言われた場合も300円程度が目安です。初穂料はおつりの内容に用意していくのがベター。

神社や寺院によっては御朱印をやっていないところもあります。(浄土真宗のお寺では基本的に御朱印をやっていないようです)。

御朱印をもらうときのマナー

御朱印をもらうときのマナー

御朱印は心が込められたありがたいもの、その神社やお寺にとって大切なものなので、書いていただいているときは静かに待ち(雑談や携帯電話はNG)、受け取るときは「ありがとうございました。」とお礼をいい、お辞儀をして両手で受け取るのがマナーです。

神社仏閣は神聖な場所であり、御朱印をもらうのはその神社や寺院とのご縁をつなぐ行為だといえます。「一期一会」の出会いに感謝し、ご縁を大切にする気持ちで御朱印を受け取りましょう。

対応してくださった神職さんへの感謝、そして神様への感謝の気持ちを忘れずに。

余談ですが、最近メルカリなどのフリマアプリやネットオークションに御朱印を出品する人がいるようです。個人的には、最初に書いたように御朱印はその神社や寺院に参拝した証だと思うので、ネットで御朱印を売買することには非常に抵抗があります……。

尾張の神社仏閣情報ガイド おわじん TOPページへ戻る