本文へスキップ

尾張大國霊神社 国府宮 | 尾張の神社仏閣情報ガイド おわじん

愛知県の尾張地方・稲沢市にある尾張大國霊神社 国府宮(こうのみや)に実際におまいりして詳しい情報をまとめています。

おわじんTOP稲沢市の神社仏閣

尾張大國霊神社 国府宮

尾張大國霊神社 国府宮

  • 所在地…愛知県稲沢市国府宮1-1-1(地図)
  • 最寄駅…名鉄本線「国府宮」駅(北口より徒歩3分)
  • 御祭神…尾張大國霊神(おわりおおくにたまのかみ)
  • 信仰…尾張地方の総鎮守神、農商業守護神、厄除神
  • 行事…国府宮のはだか祭

尾張大國霊神社 国府宮は、愛知県の尾張地方、稲沢市にある神社です。地元では「国府宮神社」と呼ばれています。天下の奇祭と言われる「国府宮はだか祭り」で有名。

このページは、尾張大國霊神社 国府宮(国府宮神社)の情報をまとめたページです。国府宮神社の由緒、御祭神、境内と社殿、ご利益、神事行事、アクセス、御朱印、お守りなどについて紹介します。

このページの目次

  1. 尾張大國霊神社 国府宮の由緒と御祭神
  2. 尾張大國霊神社 国府宮の境内と社殿
  3. 尾張大國霊神社 国府宮のご利益
  4. 尾張大國霊神社 国府宮の祭典と神事行事
  5. 尾張大國霊神社 国府宮の御朱印
  6. 尾張大國霊神社 国府宮のお守り
  7. 尾張大國霊神社 国府宮へのアクセス

尾張大國霊神社の由緒と御祭神は?

御祭神は、総鎮守神・農商業守護神・厄除神とされる尾張大國霊(おわりおおくにたまのかみ)

尾張大國霊神社 国府宮の由緒

尾張大國霊神社は、通称「国府宮(こうのみや)」または「国府宮神社」と呼ばれる神社です。奈良時代に尾張国府の創始とともに建てられ、尾張國国の総社とされたのが始まりとされています。

国司自らが祭祀を執り行う神社であったため、「国府宮」と呼ばれるようになったそうです。

御祭神は尾張大國霊神(おわりおおくにたまのかみ)。尾張地方の國霊神(くにたまのかみ)であり、尾張人の祖先がこの地に移住し、土地の霊力を敬って、尾張大國霊神としてお祀りしたといわれています。

尾張地方の総鎮守神、農商業守護神、厄除神として信仰されており、お正月の初詣や七五三など、例年たくさんの人々がおまいりや御祈願に訪れます。

尾張大國霊神社の境内と社殿は?

重要文化財の楼門と拝殿、儺追(なおい)神事に使われる儺追殿が見どころ

尾張大國霊神社 国府宮の楼門(重要文化財)

尾張大國霊神社 国府宮の正面入り口にあるのが楼門です。足利初期(約550年前)に建てられ、天保3年(1646年)に解体大修理が加えられました。そのため、両期の建築手法様式を備えています。

重要文化財の国府宮神社楼門

尾張大國霊神社 国府宮の楼門は、昭和30年に重要文化財に指定されました。

重要文化財の国府宮神社楼門

楼門の下から上を見上げると、年月を感じる組木細工に圧倒されます。

尾張大國霊神社 国府宮の境内と社殿 本殿

楼門をくぐってまっすぐ進むと、正面に見えるのが拝殿です。徳川初期(約350年前)に建立された切妻造で、中に柱が並立する稀有な建物です。真冬には雪化粧が施された美しい拝殿を観られることも。

団体でご祈祷をしていただく場合、こちらの拝殿に上がることができます。

尾張大國霊神社 国府宮の重要文化財

こちらの拝殿も同じく昭和30年に重要文化財に指定されました。そのほか、半床庵、木造獅子頭、木造獅子狛犬などが稲沢市の指定文化財になっています。

国府宮神社 儺追殿

儺追神事に使われる儺追殿(なおいでん)。こちらは毎年旧正月13日に行われる儺追神事「まだか祭」の前に、神男が身を清めるために三日三晩過ごし、当日の神事の場所として使われる貴重な場所です。

この儺追殿は平成26年に新築されました。

国府宮神社 六柱の神様が鎮座する「六末社」

境内の東の端にある静寂な社の中に六柱の神様が鎮座する「六末社」は、厳かな雰囲気です。

国府宮神社 六柱の神様が鎮座する「六末社」

司宮神社(猿田彦神)、稲荷神社(倉稲魂命)、三女社(田心姫命、湍津姫命、市杵島姫命)、白山社(菊理姫命)、居森社(素戔嗚尊)、神明社(天照皇大御神)が鎮座されています。

木々に囲まれたこぢんまりとした空間で、苔むした狛犬に見守られているような気持ちになりました。

国府宮神社のトイレ

境内の一角には公衆トイレがあります。比較的きれいに保たれており、問題なく利用できました。

尾張大國霊神社 国府宮のご利益は?

農商業守護や厄除けにご利益があると言われています

尾張大國霊神社 国府宮のご利益

尾張大國霊神社の尾張大國霊神(おわりおおくにたまのかみ)は尾張の土地の神様なので、農商業守護や厄除けにご利益があるとされています。地元では「国府宮神社=厄除けの神社」というイメージが強いようです。

また、厄除け、安産祈願、家内安全、学業成就、車祓い、会社安全、団体安全祈願いなどのご祈祷も受け付けています。(初穂料5,000円~/受付時間9時~16時)

国府宮神社の御利益 祈願絵馬

境内にかけられた絵馬は、合格祈願、病気平癒、無病息災などを祈願したものが多いです。

尾張大國霊神社の祭典と神事行事は?

毎年旧正月十三日に儺追(なおい)神事である「はだか祭」が有名

尾張大國霊神社 国府宮の行事 難追神事 はだか祭

尾張大國霊神社(国府宮)では、毎年旧正月十三日に儺追(なおい)神事である「はだか祭」が行われます。儺追(なおい)とは、”難を追う(追い払う)という意味です。

旧暦の一月十三日が現代の暦で何日になるかは、その年によって異なりますが、例年はだか祭の日には市内の小中学校は休みになり、市内の多くの道路で交通規制が敷かれます。

はだか祭の日は早朝から厄除けの祈願に訪れる人たちや、お守りの「なおいぎれ」を受ける人たちが国府宮に殺到。午後には人々が厄除けの祈願をこめた布を結び付けた「なおい笹」をささげた裸男たちが、国府宮神社の拝殿を目指して練り歩く姿が見られます。

尾張大國霊神社 国府宮の行事 難追神事 はだか祭

”天下の奇祭”とも呼ばれる国府宮のはだか祭。寒空の下、褌姿で国府宮を目指す男たちの迫力は、一見の価値ありです。ただし、お酒を飲んで酔っぱらっている裸男も多いので、お気を付け下さいね。

尾張大國霊神社 国府宮のはだか祭

尾張大國霊神社 国府宮のはだか祭の日程は毎年異なるので、公式サイトなどでご確認を。

関連記事→ 【2019】尾張大國霊神社「国府宮はだか祭」に行ってきました

尾張大國霊神社 国府宮の御朱印は?

神社授与所で御朱印を書いていただけます。お正月やはだか祭のときには限定の特別御朱印も

尾張大國霊神社 国府宮の御朱印

尾張大國霊神社 国府宮におまいりをし、神社授与所で御朱印をいただきたいとを伝えると、このような御朱印をいただけます。(奥で書いてきてくださいます/初穂料300円)

>> 御朱印とは?

お正月にはその年の干支が描かれた特別御朱印、国府宮はだか祭のときにははだか祭特別御朱印がいただけます。こちらは初穂料500円で、数量限定です。

尾張大國霊神社 国府宮の御朱印帳

また、尾張大國霊神社 国府宮の神社授与所では、オリジナルの御朱印帳も授与しています。はだか祭りの様子をデザインしたオリジナルデザインで、紺色と萌黄色の2色があります。初穂料2,000円。

なお、こちらの御朱印帳にその場で御朱印をいただく場合には、初穂料が2,000円に含まれます。

尾張大國霊神社 国府宮の御朱印帳

ここでしかいただけない特別な御朱印帳は、きっと宝物になることでしょう。

尾張大國霊神社 国府宮のお守りは?

幸守、仕事守、神札、厄除守、交通安全守、健康守、学業成就守、なおいぎれなど

尾張大國霊神社 国府宮のお守り授与所

尾張大國霊神社 国府宮の神社授与所では、幸守、仕事守、神札、厄除守、交通安全守、健康守、学業成就守、なおいぎれ、なおいステッカーなど、さまざまなお守りを授与していただけます。

尾張大國霊神社 国府宮のお守り

ほとんどのお守りは初穂料が1,000円で統一されています。国府宮らしいお守りと言えば、儺追(なおい)神事にちなんだ「なおいぎれ」(100円)と「なおいステッカー」(大1,000円、小500円)でしょう。

尾張大國霊神社 国府宮のなおいステッカーとなおいぎれ

稲沢市の車はこの「なおいステッカー」を付けているものが多いです。

尾張大國霊神社 国府宮のお守り 仕事守

尾張大國霊神社 国府宮の仕事守は黒と白の2色(初穂料1,000円)。

尾張大國霊神社 国府宮のお守り 学業守

左は国府宮の学業交通守 キーホルダータイプ(初穂料1,000円)、右は学業成就守(初穂料1,000円)。

国府宮神社のおまもりとなおいぎれ

中央は国府宮合格御守(初穂料1,000円)、右が厄除けのなおいぎれ(100円)です。なおいぎれは、身の回りのものや車などに結んで、厄除けを祈願します(難を追い払う=なおい)。

尾張大國霊神社 国府宮の神札

尾張大國霊神社 国府宮の神札(初穂料1,000円)は自宅用のお札です。

尾張大國霊神社 国府宮のおみくじ

おみくじは100円で引くことができます。

尾張大國霊神社へのアクセスは?

最寄り駅は名鉄「国府宮」駅(徒歩3分)


尾張大國霊神社 国府宮の住所は「愛知県稲沢市国府宮1-1-1(地図はこちら)」で、最寄駅は名鉄本線「国府宮」駅、北口から徒歩3分です。JRの場合は、東海道本線「稲沢」駅から徒歩15分ほど。

名古屋駅から行くのであれば、名鉄を利用するのが便利でおすすめです。名鉄「名古屋」駅から「国府宮」へは、名鉄特急(岐阜・一宮行き)に乗れば約14分で到着します。

尾張大國霊神社 国府宮 駐車場

車の場合は、国道22号線「中之郷南」交差点を経由するルートがわかりやすいでしょう。国府宮神社境内に1つ、細い通りを隔てて周辺に3つ、計4つの駐車場があります。

国府宮神社の専用駐車場

通常期の平日であれば4つの駐車場が満車になることはほぼありませんが、正月及び儺追神事(はだか祭)期間はたいへん混雑し、交通規制も入るため、公共交通機関でのアクセスが無難です。

国府宮駅近くのコインパーキング

なお、名鉄「国府宮」駅周辺には名鉄協商やタイムズなどコインパーキングが多数あります。駐車料金は20分または30分100円~、60分200円~が相場です。


稲沢市の神社仏閣に戻る

国府宮のブログ記事

【2019】尾張大國霊神社の「国府宮はだか祭」に行ってきました

2019年2月17日、愛知県稲沢市の尾張大國霊神社の儺追(なおい)神事である「国府宮はだか祭」へ行ってきました。… 続きを読む

【2019初詣】尾張大國霊神社(国府宮神社)に初詣に行ってきました

2019年1月2日、愛知県稲沢市の尾張大國霊神社、通称 国府宮神社(こうのみやじんじゃ)へ家族で初詣に行ってきました。尾張地方の総鎮守神、農商業守護神、厄除神として信仰されて……続きを読む


稲沢市の神社仏閣仏閣一覧に戻る